• ホーム
  • ブログ
  • 奥武蔵・関八州見晴台(771m)<展望の早春ハイク> 2022年 3/26(土)

ブログ

2022.03.27

奥武蔵・関八州見晴台(771m)<展望の早春ハイク> 2022年 3/26(土)

DSCF6721 (2).JPG

前回の上州吾妻耶山は2m近い雪山でしたが、今回は積雪の全くない奥武蔵のハイキングコースに行ってきました。 奥武蔵ロングトレイル(105km)の途中のピークでもある関八州見晴台(711m)です。 ここは高山不動尊の奥の院でもある展望の埼玉百名山です。

天気は不安定で2つの低気圧に挟まれていまして、荒れ模様(下山時に雷が鳴りました)でしたがカッパを着ることなく歩く事が出来ました。

DSCF6716 (2).JPG

DSCF6717 (2).JPG


道の駅 果樹公園あしがくぼ (西武秩父線 芦ヶ久保駅)==西吾野駅~萩の平コース登山口~萩の平茶屋跡~高山不動分岐~関八州見晴台(771m)~

高山不動~わたど橋~大窪峠~休暇村 奥武蔵(旧あじさい館)~西吾野駅==道の駅 果樹公園あしがくぼ (西武秩父線 芦ヶ久保駅)

DSCF6718 (2).JPG

萩の平コースの登山口周辺には大きな駐車場がありませんので、芦ヶ久保駅に駐車して電車で西吾野駅まで移動してから歩き出しました。

里山ですので危険なところはありませんが、絶対標高差は563mあり、天神平~谷川岳とそんなに変わりませんし、距離も10.5㎞ありましたのでそれなりに疲れました。

コースタイムで4:50のところを行動時間5:00で歩きましたので、かなり早いペースで歩いたようです。
雨が心配で知らず知らずのうちにペースが上がってしまったようです。

DSCF6719 (2).JPG

DSCF6720 (2).JPG

DSCF6721 (2).JPG

DSCF6722 (2).JPG


稜線上は時に10m近い風も吹き肌寒い感じもしましたが、谷筋で無風だと逆に暑く感じました。

展望は今一つでしたが、両神山や奥多摩の山々は見えていました。

DSCF6723 (2).JPG

DSCF6724 (2).JPG


早春ハイクという事でしたが、本格的な春には遠く、花は梅・河津桜・ミツマタ・タチツボスミレくらいだったでしょうか。

DSCF6725 (2).JPG

DSCF6726 (2).JPG

DSCF6727 (2).JPG

帰路に立ち寄った「高山不動尊」は飛鳥時代の白雉5年に(654年)に創建された真言宗の古刹で、千葉・成田不動尊、東京・高幡不動尊とともに関東三大不動の一つとされるお寺だそうで荘厳な佇まいを見せてくれました。

また境内にある樹齢800年といわれる大銀杏(子育て銀杏・乳イチョウ)も見事でした。



次回はこの銀杏が黄色に色ずく秋に訪れてみたいですね。



元記事を読む...

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

カレンダー

«3月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

登山教室「山旅クラブ」

プロのガイドと会員様が一緒になって運営していく登山教室です。
常時、山・山域・ルート・ジャンルなどに関してのリクエストをお待ちしております。

検索

ページの先頭へ