ブログ

2020.11.08

上州・子持山(1296m) 2020年 11/7(土)

DSCF5213 (2).JPG久しぶりに南の子持神社方面から子持山に登りました。 数年前までは3号橋付近の落石により林道が通行止めになっていてアプローチする事ができず、群馬天文台から登っていました。 通行止めが解除になったので出かけてみましたが、車で入れたのは6号橋駐車場まででした。

※昔は8号橋まで行けたと思います。

DSCF5203 (2).JPG

6号橋駐車場~屏風岩~尾根道(新道)~稜線鞍部~獅子岩~柳木ヶ峰~子持山(1296m)~柳木ヶ峰~大ダルミ~6号橋駐車場

DSCF5204 (2).JPG

6号橋までは入れれば殆ど登山口近くなので大変助かりました。



今回は屛風岩に登り、その後は獅子岩まで続く尾根道(新道)を歩いて主稜線の鞍部に抜けました。

初めて屛風岩に登りましたが、結構危険な道でした。

DSCF5207 (2).JPG

DSCF5208 (2).JPG

トラバース個所には固定ロープが設置してありましたらが、岩稜の一ヶ所は手掛かりが乏しく緊張させられました。

獅子岩への尾根道は特に危険なところはなく紅葉が綺麗でした。

DSCF5210 (2).JPG

DSCF5212 (2).JPG

DSCF5216 (2).JPG

DSCF5214 (2).JPG

主稜線手前は獅子岩(約100mの岩壁)の基部にあたり、たまたまフリークライマーが登っていましたので写真を撮らせてもらいました。

大きなスラブ岩壁でちょっと手ごわそうに見えました。

グレードは5.8で5~6ピッチのようですが、その迫力に圧倒されました。

DSCF5214 (2).JPG


DSCF5215 (2).JPG

DSCF5218 (2).JPG

DSCF5219 (2).JPG

DSCF5220 (2).JPG

その後は獅子岩で展望を楽しんでから山頂を目指しました。
DSCF5224 (2).JPG

DSCF5226 (2).JPG

DSCF5228 (2).JPG


この日は非常に暑く、途中からはずっとTシャツ一枚で歩きました。

DSCF5232 (2).JPG

山頂から見えた谷川岳は雪化粧をしておりました。

DSCF5233 (2).JPG

山頂から少し戻った展望のいい岩場でカップラーメンの昼食をとり大ダルミ経由で下山しました。

DSCF5236 (2).JPG

今年の紅葉は今一つですが、子持山は中々良かったですね。

紅葉(もみじ)の赤とミズナラ・ケヤキなどの黄葉が素晴らしかったですね。


特に大ダルミから8号橋へ下る、護摩壇から下の沢筋は黄色と黄緑色のなんとも言えない色合いになっておりました。

DSCF5237 (2).JPG

DSCF5238 (2).JPG

※子持山は年間を通して登れる山(冬季の屛風岩・獅子岩は危険)で、コースも多彩なのでその日の体調やメンバーに合わせて色々なコース取りが出来るのでとても便利な山です。

トレーニングの山として持って来いの環境がそろっています。

子持神社から登り、帰路に浅間~炭釜~二本木と回る周回コースを取れば相当なロングコースになります。



適度に岩場・露岩帯などもあり、飽きさせない素晴らしい関東百名山でした。



元記事を読む...

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

カレンダー

«11月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

登山教室「山旅クラブ」

プロのガイドと会員様が一緒になって運営していく登山教室です。
常時、山・山域・ルート・ジャンルなどに関してのリクエストをお待ちしております。

検索

ページの先頭へ