ブログ

2011.07.16

JALに感謝・感激したできごと

先日行った西表島で2日目に泊まったパイヌヤマリゾートの砂利の駐車場で

キャリーバッグを引いていたらタイヤが破損してしまいました

「あっ、まずいかな」と思った時にはもう時すでに遅しでした

直すすべもなく、なんとかカタカタしながらキャリーバッグを引いていました

そのうちタイヤの一部が取れてしまいました!

これはどこで直してもらえばいいのかなと若干不安になっておりました

そしていよいよツアー最終日、西表島から船で石垣島に戻り、

石垣空港から那覇経由で羽田にJALで帰って来ました

羽田で荷物を受け取り、キャリーバッグを引いて歩き始めました

しばらく歩いてふと思ったんです

なぜかキャリーバッグがスムーズに動いてる・・・

普通に動くので途中まで壊れていたことさえ忘れていました

どうやら荷物を預けている間に直して頂いたようです

感謝、感動です!

こんな素敵なことをしてくれるなんて

JALありがとう

また飛行機に乗ります

2011.07.16

残念ながら満天の星は

7月9日から13日まで待望の沖縄・西表島に行って来ました

組み立て式の小さな望遠鏡、PSPとホームスターポータブル(ソフト)、コンパス、

懐中電灯、南半球の星の本など星を見れる準備はして行きました

西表島に上陸してから気になってはいたのですが、雲が多い

そして、突然のスコールのような雨が1日に1回は降りました

さらに月が満月に向かって満ちていく時期で

月明かりがかなり気になりました

夏の大三角形、北斗七星などかろうじて見れましたが

今回星空満天の天の川を見ることはできませんでした

次回は月が明るくない時期を選んで行ってみたいと思います

また来いよっていう西表島からのメッセージですね

しかし、星は見れなくても、おいしいものがたくさんあって

大大大満足の旅でした

サイトの方で旅の出来事を書いていくのでお楽しみに~

2011.07.06

アメリバッグ(Ameribag)がついに

もうすぐ西表島

そして初上陸の沖縄

もちろん西表島も初めてです

もう今週の土曜日に出発かと思うとワクワクします

その西表島では仲間川クルーズ、ジャングルトレッキング、

滝に打たれて修行したり、グルクンを釣って食べたり、

もう色々盛りだくさんです


そんな盛りだくさんのイベントに必要な荷物を入れて

移動する時にも楽な手頃なバッグを探していました

探していると見つかるもんですね

アメリバッグという素敵なバッグを見つけました

【アメリバッグ専門店 Ameri Style】
risefield.co.jp/ameribag/

ベクトルの原理を応用して、肩への重さの負担を少なくしてくれるバッグです


つい先日バッグが届き、すぐに使い始めました
















土曜日に届いて、日曜日、月曜日と使いまくってます

今まではリュックだったので、暑い日には背中が汗だくになるし

詰め込みすぎて重くなるんですよね

アメリバッグはそれ自体も軽いし、手頃な大きさなので

必要なものだけを持って行くようになりました

この間バッグに入れて持って行ったのはサイフ、折りたたみ傘、パスモ、エコバッグ


まったく問題ないですね


そうそう、肩にかかる部分には滑り止めが付いてるんですよ

こういう細かい心配りもうれしいですね


ノートパソコンの入るもう少し大きなアメリバッグを買って、

通勤にも使いたいと考えています

色も色々あるので、迷いますね


お奨めのバッグです

【アメリバッグ専門店 Ameri Style】
risefield.co.jp/ameribag/

2011.07.06

西表島に7月10日から行きます

 ついに西表島に行きます

やったあ!


実は南は大分県までしか行ったことないんです

その時行ったのが由布院です


1月に行ったのですが、なんとこんなに降るかというぐらいの大雪


まさか九州で大雪に見舞われるとは(笑)


帰り道なんて高速が通行止めですからね


今回はどんなおもしろいことがあるんだろう


こちらのツアーでお世話になります


食べるの
、いや、星が楽しみだなあ


竹富しま旅ドットコムへのリンクバナー

2011.06.16

6月16日は月食でした

 今朝は月食でしたが、東京はあいにくの曇り空で観えませんでした

石垣島では皆既月食で赤銅色の月が観えたようです

ということは隣にある西表島でも観えましたね

次の皆既月食は12月10日で全国的に観れます

これ西表島で観れたら最高だなあ

宇宙大好き たけぞおです

南の島の星空はどんな風に見えるんだろう。

実はまだ南の星空を生で見たことがないんです。

やはり最初は日本の南の島で見てみたい。

真っ暗な場所であふれんばかりの星を見たい。

そんな時に西表島に行った人の話を聞き、「ここだ!」と思い、西表手島に行くことに決めました。

Calendar

«6月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Category List

Feed

Search This Blog